鳥飼と別れ

こんにちは、鳥水木の鳥飼店長です。
びびが突然亡くなってしまってから、7日ほどの時間が立ちました。
家族みんなで泣きはらし、花と一緒に、太陽が昇ってくる、東の方角の森の
木のそばに埋葬をしてからも、その事実を飲み込むことができない日が
続いていました。
鳥の先生から温かい言葉をもらい、びびの亡くなった
わけを推測することができて、事実としてそのことが固まっていくなかで
強い悲しみが吹き荒れていました。どうしようもなく激しい妄想が
心の中に次から次へと湧いてきていて、後悔や悲しみや怒りや痛みが
容赦なく流れ込んでくるような、そんな時間が続きました。
でも、びびのそばで一晩考え、そして、次の日の朝にさよならをするとき
一番強く思ったのは、感謝の気持ちでした。びびとの日々でたくさんの
ものを受け取って、もらっていて、それはどれも、とても温かで、明るくて
優しいものでした。最後の瞬間は、とても強烈で、圧倒的な強い感情を
呼んでいるし、それはどうしようもないのだけれど、でも、今までの
99.9%のびびとの日々は、とても明るい、なにものかであって、
それを全部引き換えにするのは、おかしいと思っていました。
今の強い悲しみと一緒に湧いてくる激しい妄想は、最後の瞬間だけに
張り付いていて、それでびびと過ごした生活の全てを染めてしまおうとしていて、
なんとかそれをやり過ごして、落ち着きを取り戻すことができるようにと
この1週間を過ごしていました。
びびのいない生活を、流していくこと。日々の、特に家事のような淡々とした作業で、
その「今」に集中するように動いたり、仕事に、これもやっぱり同じように「今」に
集中するようにしながら、湧き上ってくる妄想に流れないように注意していました。
ケージをそのままにして、その中の水を毎日新しいものにかえていたり、
小松菜をいれたり、花を飾ったりして、見えなくても、びびとつき合っているような、
そんなことを繰り返しています。
最近は少しずつ、強烈な悲しみに襲われるような状態から、寂しさを感じる
穏やかな感情に変化していくのがわかります。
びびのいない生活を回せるようになっていくにつれ
気持ちが落ち着いて来て、最期の時のことよりも、日々の触れ合いだったり、
びびの仕草や癖だったり、出かけた思い出だったりと、
楽しかったことを思い浮かべられるようになってきています。
今は、びびのことをありありと、まるでこの場にいるように、触る事ができるように、
思い浮かべることができます。それでも、たった7日がすぎただけでも、
少しずつ、それが薄まっていくのがわかります。たぶん、この先どんどん薄まって、
そんなふうに思い浮かべることができなくなるのでしょう。
世界は、生きているものたちと、死んでいるものたちとで充満している。
そういう実感が、今はあります。
この鳥水木日誌の古い日誌に、「鳥と世界の見方」というのがありました。
びびと暮らすようになってから、世界は鳥であふれていることを教えてもらった、
そんなことを書いています。その日誌では、最後にこう書いています。
”いままでとほんのちょっと見方が変わるだけで、
いつもの風景がガラッと変わることを知りました。
この鳥のおかげ。↓(この鳥が指に乗った時から。)”
blog_bird_world_8びびには、本当にいろんなことを教えてもらいました。今も。この先も。
感謝しています。

てんちょ。

ロンドンおすすめツアー”ゴキブリツアー”

こんにちは、
またしても久しぶりの投稿になりますが、2011年もブログをチェックして
いただきましてありがとうございます!バイヤーも元気です!
さて今回はサイエンスミュージアムで毎週末開催されている
コックローチ(ゴキブリ)ツアーに行ってきました。
A Cockroach Tour of the Science Museum
このツアーの何がすごいのかというと、ツアー参加者は
ゴキブリの仮装をしてガイドさん達と一緒に博物館内をグルグルとまわるのです!
告知のサイトを見たときはまさかと思いましたが、ずらっとならんだゴキブリの
コスチュームを見てバイヤーは真っ先に衣装を着けてもらいました(笑)。
その時の写真
DSCN2789 ガイドのお兄さん達のコントのような掛け合いもあって
ツアーは始終笑いに満ちた和やかなムードでした。
DSCN2799 まあ単純にこの衣装のグループがうろうろしてるだけでおかしいのですが(笑)。
DSCN2801 DSCN2808 ツアーが終わって回収されていく衣装。
DSCN2815 アイディアといいこの背中に背負う甲羅のようなパーツ(お金かかってます)といい
不況といえどもイギリス魂、ユーモアのセンスを忘れていません。
というわけで、円高を利用してのイギリス旅行の際にはぜひコックローチツアーにも
足を運んでみてください!

バイヤー

 

banner3↑鳥グッズや鳥モチーフの雑貨が続々、入荷中!ぜひ、のぞいてみてください。

ロンドンで見たコスプレショー

こんにちは、
10月から11月にかけて、ロンドンでは日本関連のイベントが
所々で開催されていました。
たこ焼きの屋台が出るという話につられて、HYPER JAPAN という
イベントに行ってみました。
会場に着くと、雨だったにもかかわらずけっこうな人出でした。
DSCN2480 日本のお菓子やカレーの試食、日本酒の試飲コーナ−、雑誌や
漫画の販売、ゲームやアニメのフィギュアの展示など
特に普段日本の文化に馴染みのないイギリス人にも分かりやすい
展示内容だったと思います。
(どうやらニコニコ動画で生中継をしていたようでした。)
そして、なんといってもこの日のメインイベントは
地元の人達によるコスプレショーでした。
DSCN2492 DSCN2493 DSCN2497 DSCN2502 なかでも個人的に一番のお気に入りはこちらでした!
DSCN2490 DSCN2491 なんとパックマンのコスプレです!!(笑)
最初に登場したときは正面を向いていたため何だかわからず、
何かテントのようなものが向こうからやって来てるように
見えたところもにくい演出でした。
70〜80年代に、イギリスの奇抜なパンクロックスタイルが日本で
雑誌などを通して真似されて、今度は日本のサブカルチャーが
インターネットを通してイギリスで真似されて、と考えると
次はいったいどんな球が双方から投げられるんでしょうか。
なんだかすごく楽しみですね!

バイヤー

 

banner8↑鳥グッズや鳥モチーフの雑貨が続々、入荷中!ぜひ、のぞいてみてください。

今年のOpen houseは

こんにちは、
今年の日本の夏は大変な猛暑だったようですね・・・。
8月のロンドンは雨が多く、7月に比べてあまりパっとしない
天気が続いてました。ここ数日はもう気温も20度前後と
かなり涼しくなってきています。
さて、また今年もOpen houseへ行ってきました!
去年の日記の最後にガーキンビルへの野望を誓ったはずなのですが、
またしても申し込みに間に合わず(どこで申し込むのかも分からず)
見送りとなってしまいました・・。
代わりにBTタワーやセンターポイントといったロンドン屈指の
ビューポイントへの見学を申し込んだのですが、こちらは抽選にもれてしまいました。
キャンセル待ちで入場できる可能性もあったのですが、
1〜2時間並んで待つのでこの選択肢は却下。
というわけで、Holland parkにあるLeighton house(撮影禁止でした)
に最初に訪れ、次にRichmondにあるYork Houseへ向かいました。
こちらがYork houseの正面玄関です。
DSCN2466 1650年くらいから徐々に増築を重ねて今ある広さになった
ようです。裏にはお屋敷お約束の大きなグリーンがありました!
花壇の色具合がなんだかとてもイギリスだなーと思いませんか?
DSCN2458 DSCN2461 York houseの近くにOrleans house and the Octagon roomという
建物があったのでそちらにも足を伸ばしてみました。
こちらは18世紀初め頃の建物で、残念な事にこの8角形の
ギャラリーになっているところ以外は壊されてしまったようです。
DSCN2475 あ、忘れるところでした(笑)。
Marble Hill Houseという建物も近くにありちょっとだけ立ち寄りました。
DSCN2472 お屋敷探訪になった今年のOpen House、なかなか自分でも
渋いチョイスだったと思います。
来年への野望はまた懲りずにガーキンビルと、BTタワー、
そしてTower42、あと古いホテルなども面白そうですよね。
毎年これを機会に普段あまり行く事がないエリアに向かい
そこでの新しい発見があったりヘトヘトに疲れたり、
Open Houseによってなんだかいろいろ鍛えられている気がします(笑)。

バイヤー

 

banner14↑鳥グッズや鳥モチーフの雑貨が続々、入荷中!ぜひ、のぞいてみてください。

ロンドンの菜園<2>

こんにちは、
前回の続きで、今日は6月に菜園で収穫したものをご紹介します。
5月の写真と比べるとちょっと野菜が育ち始めてきているのが見えますか?
DSCN2240 こちらが友人ががんばって育てたイチゴです。
DSCN2241 しかし残念ながらこの後、イチゴが実をつけたと思ったら
その度にナメクジに先に食べられてしまいました・・・。
(ネットで調べてコーヒーの出がらしを蒔いたりしたのですが既に遅し。)
しかし、がっかりしていた私たちに朗報が!
なんと隣向こうのアメリカ人がしばらく旅行から帰ってこないので、
代わりに水やりをする報酬に彼のイチゴを収穫していいというではありませんか!
というわけで収穫したイチゴがこちら。バイヤーの本領発揮です。
DSCN2260 DSCN2264 最後はストロベリーダイキリフェスになりました(笑)。

バイヤー

 

banner12↑鳥グッズや鳥モチーフの雑貨が続々、入荷中!ぜひ、のぞいてみてください。

ロンドンの菜園<1>

こんにちは、
またしても久々の更新ですが、今回は近所にある菜園をご紹介します。
5月にタイ人の友人が里帰りをした際に、留守の間の水やりを頼まれました。
鉄の扉があって鍵を持っている人達しか入れないのですが、
友人の区画はこんな感じです。
DSCN2111 ちょっと前なのでまだあまり芽が出ていない時ですね。
この頃はレタスとチューリップ、あと空豆くらいしか収穫できなかったかな?
DSCN2116 これなんだか分かりますか?
不思議な乳白色のグリーンの葉っぱだけですが、アーティチョークです。
DSCN2118 そして収穫した空豆たち。
ゴム手袋と比較してみました。なかなかの大きさではないかと。
DSCN2248 というわけで、次回は6月に収穫したものをご紹介します!

バイヤー

 

banner3↑鳥グッズや鳥モチーフの雑貨が続々、入荷中!ぜひ、のぞいてみてください。

鳥飼(とりかい)と畑14

こんにちは、ショップ鳥水木TORIMIZUKI
鳥飼店長です。
ずいぶんと、時間が空いてしまいましたが、
前回のブログ(鳥飼と畑13)の続きで、我が家のファーム(畑)についてです。
現在は、春の野菜を計画中の畑は、ちょっと一休みをしています。
この一年畑を続けて、この間のニンジンや長ネギで
ちょうど一段落して落ち着いたところです。
R0030933 一年間、びび(鳥)も畑にかりだされていました。
前回、植えたニンジン、そして、その前に植えていた長ネギは
どうなったでしょう?
↓こちら
R0030450 ネギは途中まで、よく育っていたのですが、
この後あまり上手く育ちませんでした。
にんじんは、芽が出た後、すくすくと育ちました。
↓↓↓こちら
R0030893 R0030772 R0031157 収穫です!小さいながら、気持ちがこもった分、おいしさ二割り増しです。
隣の空いている棚には、葉物を植えてみました。
↓↓こちら
R0030778 R0030779 種を蒔くための、溝をつけています。
ホウレンソウ、カブ、水菜の種を蒔いていきます。
↓↓↓こちら
R0030780 R0030781 R0030782 一粒一粒、手のすきまから落としていき、、
↓こちら
R0030784 指でつまんで、土をかぶせていきます。
↓水をまいて、、、数日がたってから
R0030788 R0030890 芽が、すーっとでてきています。
何度みても嬉しい瞬間です。
途中途中で間引いてから、
大きくなった物から収穫です。
↓↓↓こちら
R0030977 R0030985 R0031170 長ネギも収穫です。
形はあまり良くありませんでしたが、なんとか少しは採れました。
↓↓↓こちら
R0031178 R0031182 R0031187 カブに水菜にホウレンソウです。
そして台所へ、、
↓↓↓↓↓こちら
R0031201 R0031209 R0031217 R0031279 R0031228 我が家の、サラダに、味噌汁にと食卓に並びました。
おいしかったです。(2割り増し)
びび(鳥)にニンジンを見せている所です。
↓↓↓↓こちら
R0031213 R0031214 R0031215 R0031216 様子をうかがい、近づいてから・・おしまいです。
食べません。おいしいのに。
↓こちら
R0031225 かぶの場合は・・・近づいてもきませんでした。
初めての畑を耕す一年が終わりました!
晴れた日、雨の日、台風の後、
夏の日差し、冬の寒さ・・、病気に雑草、他他・・
なかなか、大変ですが面白かった。
収穫するときの喜びは、代え難い物があります。
(・・・腰が痛くなりますが。)
体は疲れても、気持ちは晴れ晴れとしていました。
最後は、畑にあらわれた隣人(イモリかヤモリ?)
そして、見上げた冬の月
↓↓こちら
R0030460 R0030990 また、次の一年の計画を立てたいと思います。
(呼んでいます、、、畑が。)

てんちょ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
素敵な染めものをしている作家の藤沢 まゆさん、
以前からブログにリンクを張らしてもらっていました。
(右下のリンク欄にあります。)
今度は、素敵なホームページを作られていて、
またまた、リンクを張らせてもらえることになりました!
ぜひ、こちらから。
藤沢 まゆさん

 

banner14↑鳥グッズや鳥モチーフの雑貨が続々、入荷中!ぜひ、のぞいてみてください。

鳥水木。一周年です。

こんにちは、ショップ鳥水木TORIMIZUKI
鳥飼店長です。

今から一年前(まだ、赤子はオーナーのお腹の中)、
よぉーこそ。はじめまして。」ということで、
鳥との生活をテーマにしたお店”鳥水木”(とりみずき)をはじめました。
はやいもので、早一年。
オーナー、イギリス在住のバイヤー、
てんちょ、ニューカマーの赤子、
そしてすべての始まりである
セキセイインコのびび(三歳)が
タッグを組んで続けてくることができました。
これからも、デコボコ・ロードを
”俺たちフィギュアスケーター”のノリで進んで行きたいと思います。
(「ルイ・アームストロングが月へ行くと言ったとき、みんな笑った。」
映画”俺たちフィギュアスケーター”より)
今後とも、鳥水木をよろしくお願いいたします!
Best Regards

てんちょ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
鳥水木では、購入していただきユーザー登録をしていただいた
会員の皆様に、ポイントサービスを開始いたしました!
詳しくはこちらから
鳥水木ポイントについて

 

banner9↑鳥グッズや鳥モチーフの雑貨が続々、入荷中!ぜひ、のぞいてみてください。

スチームパンク展@Oxford

こんにちは、
すっかり更新が滞ってしまいました・・・。
今回はちょっと前にオックスフォードまで見に行った
スチームパンク展のご紹介です。
まずスチームパンクというジャンルについての説明が
あったので、こちらをどうぞ。
<スチームパンク Wiki>
簡単に言ってしまうと産業革命&蒸気機関&テクノロジーを
イメージとするSFのジャンルといったところでしょうか(笑)。
ゲームやアニメーションの世界でよく題材にされています。
2414 看板にもこだわりと気合が感じられます。
2425 2432 2438 2455 2470 2502 どれも個性的豊かで、かつ作り込まれたディテールに完全に
目を奪われてしまった1時間弱でした。
(もっと見ていたかったのですが、行きに渋滞に巻き込まれ
十分な時間が取れませんでした・・・残念!)
オックスフォード大学内の小さな博物館での展示だったのですが、
こんなにマニアックな企画展&目を見張る常設展をこなしてしまう
イギリス魂・・・ちょっと見直してしまいました(笑)。

バイヤー

 

banner8↑鳥グッズや鳥モチーフの雑貨が続々、入荷中!ぜひ、のぞいてみてください。

ビビ是好日【第5回】ダイエットSTARTの巻

びびです。
あれから体重は増えたり減ったりですが、まあ許容範囲といえるかな?
あたたかくなるとつい気分よくなって体重が増えちゃうのよねー。
鳥の先生には前にきびしく怒られたんだけどね!(店長とオーナーが)
そんなびびのダイエット法をご紹介しまーす。

05


banner5

↑鳥グッズや鳥モチーフの雑貨が続々、入荷中!ぜひ、のぞいてみてください。